本記事はアフィリエイト広告を含みます。

【23年12月26日発売】コスタリカ トレス リオス【リザーブ】

コスタリカ トレス リオス

このページでは23年12月26日発売のコスタリカ トレス リオスについて 解説しています。

どんなコーヒーなの?

以上のような質問にお答えします。

このページの内容
「コスタリカ トレス リオス」の特徴、加工法、相性のよいフレーバー、ラベルデザイン、発売期間、取扱店舗、相性のよいフード

この記事を書いている人
gucci

プロフィール

スタバの教科書中の人

ロースタリー東京 初日参戦組の人

リザーブストア、リザーブバー、ネイバーフッド、各種リザーブ店、ティー&カフェ、リージョナルランドマーク店など全国のスタバ店舗をまわっている人

自分でも焙煎をするコーヒーインストラクター

目次

基本情報

特徴

開発の影響で縮小を続けるトレスリオス地域のコーヒー産業で、世紀を超える伝統を伝えるベラビスタ農園のコーヒー

ヘーゼルナッツチョコレートやカラカラオレンジのような風味と、後味にデメララシロップを思わせるまろやかな甘みが続くコーヒーです。

https://menu.starbucks.co.jp/4524785560659

酸味、コク

酸味:HIGH

コク:MEDIUM

シングルオリジン/ブレンド

シングルオリジン

生産地

ラテンアメリカ

生産国

コスタリカ

加工法

水洗式

加工法とは、収穫したコーヒーチェリーを、コーヒー豆(種子)に加工する手法。

相性のよいフレーバー

リンゴ、ココナッツ、キャラメル

ラベルデザイン

コスタリカ トレス リオス
コスタリカ トレス リオス

このカードのデザインはコスタリカにおいて文化や経済に多大な影響を与えてきたコーヒー産業の何世代にもわたる知識や歴史へのオマージュです。トレスリオス地域に広がる自然環境が抽象的に描かれ、中でもエメラルド色の山々とその上に広がるコーヒー農園を際立たせます。そして、手描きのような質感で描かれたいくつもの層が重なり合う様子は、ベラビスタ農園で何世代にもわたってコーヒー生産が受け継がれている様子を表現しています。

https://menu.starbucks.co.jp/4524785560659

エデュケーションカードの見方についてはこちら

エデュケーションカードの収納方法についてはこちら

発売期間

2023年12月26日~

売り切れ次第終了となります。

取り扱い店舗

全国のリザーブ取り扱い店舗および公式オンラインストア

価格

250gあたり2,790円(税込)

100g以上の量り売りあり

gucci

スター(ポイント)がたまっている人は、リワードチケットが使えるよ

リワードって何?というかたはこちら

飲んだ印象

飲んだら追記予定です。

ペアリング

リンゴ、ココナッツ、キャラメルということなので、シナモンロールやオレンジのカスタードタルトなどがあいそうですね。

ナッツ&キャラメルチーズケーキ
ナッツ&キャラメルチーズケーキ

ナッツ&キャラメルチーズケーキについてはこちらをご覧ください。

最後に

23年12月26日発売の「コスタリカ トレス リオス」の特徴、加工方法、味、ペアリング、取り扱い店舗などについてまとめました。

同じく23年12月26日発売のリザーブ豆「インドネシア グヌン ルセル」についての詳細や、リザーブコーヒーも含めてスタバで取り扱いのあるコーヒー一覧について、リザーブ取り扱い店舗についてはこちらをご覧ください。

最新情報やお得情報についてはインスタ(@gucci_STB)やX(@gucci36720772)でも配信しています。

ほかにもYouTube(@gucci_2268)やFacebook(@gucci_stb)も更新中。

よかったらフォロー、いいね、コメントお待ちしております!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次